初めての水草アクアリウム

コケとアレロパシー

コケは水草水槽の最大の障害

水草水槽では常に藻類(コケ)に悩まされます。 コケは美観を大変に損ねる上に、大量にはびこると水草の生長を阻害します。

水槽のガラス面に生えるコケは掃除すれば済みますが、水草や底砂に生えるコケはそういうわけにもゆきません。

コケは水草と同じものを栄養にして育ちます。 つまり、水草用の肥料や魚のエサに由来する栄養分を糧にはびこるのです。 しかも、コケは水草よりも原始的である分だけ悪環境にも強く、水草が育つ環境ではコケも必ず育ちます。 逆に水草が育たないような環境でも育ちます。

コケの種類

コケの種類には、珪藻、緑藻、アオミドロ、藍藻などがあります。
  • 珪藻
    茶色い膜が主に水槽のガラス面に生じます。 水槽セット初期に発生することが多いのですが、発生場所が主に水槽ガラス面ということもあり掃除も簡単で、オトシンクルスやサイアミーズフライングフォックスなどの魚や、スネールの類が良く食べてくれるので、大した問題になりません。 水草の表面に発生したものも、軽く触れる程度で落ちます。
  • 藍藻(シアノバクテリア)
    最悪のコケです。 動物への毒性を持つ種類もあるそうです。 緑色の膜状のコケで、珪藻と同様に軽く触れるだけで落ちますが、藍藻の場合は珪藻と違って、落ちたやつが水槽全体に拡散して増殖します。 (参考記事: 「藍藻の出す毒素に注意」「水が富栄養化すると藍藻の毒性が増加する」

    特有の臭いがあります。 他のコケはほとんど臭いがありませんが、藍藻は特有の強い臭いがあるので、藍藻の臭いを嗅いだことがなくても、藍藻に臭いがあることを知っていればすぐに藍藻だと気付きます。

    あと、光合成能力が非常に強いです(窒素と二酸化炭素しかなかった太古の地球で酸素を作り出したのが藍藻だと言われています)。 ガラス面や底砂に、他よりもやけに多くの気泡が付いている場合には藍藻を疑いましょう。 指でその部分をこすってみて臭いを嗅いでみます。 藍藻臭がすれば藍藻です。

    藍藻を見つけたら、先延ばしにせずに即刻、水槽外に取り出しましょう。 手で取ろうとすると水槽内に散らばるので、エアチューブを使ってサイフォンの原理でバケツなどの容器に水ごと吸い出します。 この際、フィルターを止めておくと、藍藻が水流で水槽内に散らばるのを防げます。

    藍藻が発生しているのが水草を植えていない底砂やガラス面である場合には、物理的に取り除ける部分を取り除いたのちに、過酸化水素水(下記)で藍藻を消毒しておくと良いでしょう。

  • 緑藻

    緑色のフサフサしたコケです。 水槽のガラス面・底砂の表面・水草の表面などあらゆる場所に生えます。 増殖のペースはさほど早くありませんが、丈夫なコケなので水草に生えたものを取ろうとすると水草のほうが破れてしまいます。

    緑藻は照明の光が強すぎると発生しやすくなります。 数ヶ月間にわたり光量を減らすと弱りますが、そういう環境では強い光を好む水草も枯れてしまいます。 クリプトコリネなど弱い光でもOKな水草なら緑藻だけを光量を落として弱らせることが可能です。
  • アオミドロ
    糸状の藻類で、あまり悪質ではありませんが、ウイローモスなやタヌキモなどに絡まって混じると排除が大変困難です。
  • その他の藻類
    その他、色々な種類のコケがありますが、あまり生長が早くは無いけれど、化学的にも物理的にも非常に丈夫で根絶が難しいのが共通点です。

コケ対策

コケ対策には次のようなものがあります:
  • 買ってきた水草に付いているコケを出来るだけ取る
  • 手で取れるコケは手で取る
  • 肥料(特に液肥)を控える
  • 水草の量に対して適量の魚を飼いエサを与えすぎない
  • こまめに換水をする
  • 光量を強くしすぎないなどです。
  • 水槽一杯に水草を植える
  • コケを食べる生物を飼う(下記参照)

しかし、これらを実行しても、少なからずコケは生えてきます。 究極のコケ対策は「多少のコケには目をつぶる」かもしれません。

コケ取り生物

サイアミーズ・フライングフォックスや、オトシンクルスアルジイーターなどの魚は、珪藻を良く食べます。 水槽のガラス面や水草の葉を上を舐めるようにしてコケなどを食べるため、その他のコケの発生を抑える効果もあるかもしれません。 アルジイーターはサイズが大きくなる上に、成長すると肉食性を帯びるそうなのでお勧めできません。 オトシンクルスは珪藻など食べ易いコケのない環境では痩せてしまいます。

スネールなどの貝類も、食べているとはっきりわかるのは珪藻くらいのもので、髭状の緑藻などは食べていない感じです。 少なくとも太く生長した緑藻は食べないようです。

糸状のコケはペンシルフィッシュが食べると言われています。 ペンシルフィッシュの仲間であるナノストムス・ベックフォルディを飼っていたことがありますが、コケを食べているのを見た記憶がありません。

コケ取り用の生物として最も有用だと言われているのがヤマトヌマエビです。 ミナミヌマエビビーシュリンプと比べて体が大きく、活発に何かをつまんで食べている様子も良くわかるので、コケを食べてくれている感じはします。

オトシンクルスなどの魚が吸盤状の口でコケを食べるのに対して、エビはハサミで何かをつまんで食べるので糸状のコケや緑藻類も食べてくれそうな感じですが、実際にはどうなんでしょうね? 世間的にはヤマトヌマエビが良くコケを食べると言われていますが。 主に微生物を食べている気がします。 生えかけのコケは食べてるんでしょうけど。

過酸化水素水

過酸化水素水でコケを退治する方法もあります。 過酸化水素水を適当な器に少量注いで、その器からスポイトや注射器に充填してピンポイントでコケを退治します。

過酸化水素水は、「オキシドール」や「オキシフル」という名前で薬局やドラッグストアで売っています。 過酸化水素水は消毒薬として用いられるので、オキシドール=消毒薬というイメージがありますが、過酸化水素水以外の消毒薬(例えば、マキロンやスキネードなどの商品)は過酸化水素水ではないので、水槽には使用できません(たぶん)。

過酸化水素水は暴露した水草にもダメージがある(枯れます)ので、水質に影響を与えるほど大量に用いるのには向きません。 水草の生えていない底砂や器具の部分に局所的に用います。

過酸化水素水のお勧めの用途は、発生しかけで広がる前の藍藻です。 藍藻はエアチューブで水ごと吸い出しても、すぐに復活するケースがあります。 何度吸い出しても復活するのにうんざりして放っておくと、やがて水槽全体に広がってゆきます。 こういう場合には過酸化水素水で藍藻に汚染されたエリアを殺菌してやります。

  1. 藍藻のボリュームが多い場合には、エアチューブのサイフォンで物理的に取り除ける部分を取り除きます。
  2. フィルターの水流を止めます。 注入する過酸化水素水が水槽内の他のエリアに流れず、狙ったエリアに留まるようにするためです。
  3. 注射器やスポイトで狙った部分にぴゅっと過酸化水素水をかけてやりましょう。 過酸化水素水がかかった部分には、酸素の泡が生じます。
  4. 酸素の気泡で藍藻の固まりが浮き上がってくる場合には、エアチューブのサイフォンや網などで取り除くと良いでしょう。
  5. 数日間は、処置した場所に藍藻が再発していないか目を光らせておきます。 再発していたら、再び過酸化水素水で殺菌します。 再発の場合も、対処が早いほど、過酸化水素水を使用する量が少なくて済むので、水槽へのダメージも少なくて済みます。

レッドフィールド・レイショー

レッドフィールド・レイショーとはレッドフィールドという研究者が考えた説で「水中にはびこる藻類の種類が水中の窒素とリンの比率により決定される」というものです。 本来は海水の話なのですが、淡水にも適用できると考えられているようです。
 リン酸の量(mg/L)窒素の量(mg/L)
0.0112.557.5101520304050
0.0121533837651148153022953060459061207650
0.050317715323030645961291812241530
0.10153877115153230306459612765
0.20819385777115153230306383
0.3051326385177102153204255
0.5038152331466192122153
1024811152331466177
1.501358101520314151
20124681115233138
表のソース)         

表中の2とか153とかいう数字がレッドフィールド比です。 リン酸と窒素のレッドフィールド比が赤色の字のところに該当する場合には藍藻が出現する確率が高く、太字のところに該当する場合はコケが発生しない確率が高くなります。 それ以外のエリアでは、緑藻の発生する確率が高くなります。

要するに、リン酸よりも窒素が多くなるようにしていれば藍藻が発生し難いという訳です。 「2.7. 魚のエサと水草の肥料」でリン酸を警戒していたのはこのためです。

しかし現実には、時間が経つにつれて、水槽内では窒素よりもリン酸の量が増加してゆきます。 その理由は次の通りです:

  1. 魚のエサにリン酸が過剰に含まれている
    この点について詳しくは「2.7. 魚のエサと水草の肥料」の「魚のエサ → 水草の肥料」の項を参照してください。
  2. 窒素は脱窒で自然になくなることもあるが、リン酸は自然にはなくならない
    水槽の嫌気的な(酸素の無い)部分では嫌気バクテリアによって脱窒(硝酸塩が気体である窒素になって空気中に逃げる)が行われます。 嫌気層を意図的に作るという設計のフィルターがありますが、そういう嫌気層を特に設けなくても、嫌気層は必ず生じ、底砂を使用している普通の水槽では多かれ少なかれ脱窒が行われていると考えられます。

    これに対してリン酸では、脱窒に相当するプロセスが無いため、水換えをしない限り水槽外に出ることはありません。

このようなわけで、水換えもせずに放っておくと水槽内では窒素に対するリン酸の量が増加してゆき、藍藻が発生するリスクが増加してゆくわけです。

リン酸を減らす方法は、基本的には水換えになります。 リン酸吸着剤というのも売っていますが高価です。 鉄釘を水槽内に入れてリン酸を吸着させることも出来ますが、赤錆が見苦しくなるので工夫が必要でしょう。 安物の活性炭にはリン酸が使われていることがあり、長期間使用し続けると水中に放出される危険があるそうです。

アレロパシー

コケのコントロールにおいて無視できないのがアレロパシーです。 アレロパシー(allelopathy)とは、植物などが化学物質(アレロケミカル)を放出することで(同種または別種の)他の植物の成長を阻害することをいいます。

植物はアレロパシーによって動物や病気から身を守ります。 例えば、スネールが枯れた水草を食べるのに元気な水草を食べないというのは、元気な水草が活発にアレロケミカルを放出しているからだと考えられます。

アレロケミカルは、動物だけでなく他の水草にも効果を発揮します。 例えば、ヘアーグラスは強力なアレロケミカルを出すので、大量のヘアーグラスが元気に育っている水槽では、他の水草が育ちにくいのだそうです。

そして肝心なのが、このアレロケミカルがコケに対しても有効だという点です。 例えば、有茎草であるミリオフィラムの一種が藍藻を阻害するアレロケミカルを放出することが確認されています。 どのような水草でもアレロケミカルは放出しますが、コケに対する効果に強弱があると考えられます。

アレロケミカルは生きている水草が放出する他、水草が枯れたときにも放出されます。 枯れた水草に含まれていたフェノール化合物(アレロケミカル)はバクテリアにも分解され難く、1年後にも90%が分解されずに残っています。

アレロケミカルの種類
アレロケミカルはカフェイン酸や、タンニン酸、モルヒネなど何種類もありますが、他の生物を阻害するだけあって、アサロンやニコチンなどのようにヒトにとっても毒である物質も含まれます。

水草の放出するアレロケミカルのうち藍藻(シアノバクテリア)に対して有効であると考えられるのアレロケミカルは、αアサロン、カフェイン酸、没食子酸、リノール酸、酸化脂肪酸、フェニルプロパン、ケルセチン、シナピン酸、テリマグランジンII、p-クマル酸、フェルラ酸、エラグ酸、バニリン酸です。

一方、藍藻以外のコケの生長阻害に効果があるとされるのは、αアサロン、リノール酸、酸化脂肪酸、フェニルプロパン、ステロール、硫黄です。

アクアリウムに使われる水草では、次のものが特にコケや藍藻を阻害するアレロケミカルを含むことがわかっています:

  • アコルス(Acorus Gramineus)
    カフェイン酸、フェルラ酸、p-クマル酸、αアサロン、シナピン酸
  • マツモ(Ceratophyllum Demersum)
    カフェイン酸、フェルラ酸、シナピン酸、硫黄
  • ホザキノフサモ(Myriophyllum Spicatum)
    カフェイン酸、フェルラ酸、p-クマル酸、没食子酸、シナピン酸、テリマグランジンII
  • コークスクリュー・バリスネリア(Vallisneria Americana)
    フェルラ酸、没食子酸、p-クマル酸、バニリン酸
  • バリスネリア・スピラリス(Vallisneria Spiralis)
    カフェイン酸、p-クマル酸

これらの水草に限らず、すべての水草が多かれ少なかれコケや病原菌の生長を抑制するアレロケミカルを放出しているのではないでしょうか。

藍藻に対して有効なアレロケミカルのうちバニリン酸、p-クマル酸、フェルラ酸は、硝化バクテリアも阻害するので、例えば、これら3つを含むコークスクリューバリスネリアをすり潰した汁を水槽内に大量に投入したりするのは避けたほうが無難かもしれません。

コケや藍藻もアレロケミカルを放出
コケや藍藻もアレロケミカルを放出します。 アレロケミカルを放出する理由が水草の生長を阻害するためなのかどうかは不明ですが、いずれにせよ水草は、コケに覆われて呼吸や光合成が出来ないという以外に、コケの放出するアレロケミカルによっても生長を阻害されます。

シアノバクテリア(藍藻)の出すアレロケミカルは非常に毒性が強く、家畜や人間にも害を与えるほどですから、水草に被害があっても不思議ではありませんね。

したがって、コケだらけの水槽で水替えをするというのは、余分な栄養分を除去するという以外に、コケの出すアレロケミカルを除去して、水草の生長を助けるという意味もあります。
<< 5.2. トリミング 7. アクアリウム関連のニュース >>