初めての水草アクアリウム

フィルターとは

フィルターとは「濾過(ろか)器」のことですが、アクアリウムでいう「濾過」とは、単に水中のゴミを物理的に取り除く(物理的濾過)ことだけではありません。

アクアリウムにおける濾過ではむしろ、好気性バクテリア(*)の力によって、魚やエビなどの出した有害なアンモニア(アンモニウム)を毒性の弱い亜硝酸塩に変え、それをさらに毒性の弱い硝酸塩に変えること(生物学的濾過)の方が重要です。

(*) アンモニア ⇒ 亜硝酸塩 という変換を行うニトロソモナスと、亜硝酸塩 ⇒ 硝酸塩 という変換を行うニトロバクター。

有害なアンモニアの処理は、生物学的濾過のほかに化学的濾過によっても可能です。 化学的濾過とは、水に溶け込んだ物質を吸着する性質を持った活性炭やゼオライトなどの濾材を用いて、水中の有害物質や水の黄ばみを除去するというものです。 化学的濾過は、水槽を設置した直後で好気性バクテリアが繁殖しておらず、したがって生物学的濾過が機能していないときに用いることがありますが、エビや魚などの動物よりも水草の量が多い水槽では不要でしょう。

これら3種類の濾過が行われる場にあたるのがフィルターです。 フィルターの仕組みは簡単で、物理的濾過、生物学的濾過、あるいは化学的濾過を行うための材料(濾材)が、モーターなどにより生み出された水流が通る場所に置かれているというだけのものです。

水槽中の水がモーターなどによって濾材を通過したときに、水に含まれるゴミは物理的濾過で除去され、水に含まれるアンモニアは濾材に住み着くバクテリアによって無害化されたり、化学的濾過材によって吸着されます。

<< 2.4. 照明 2.4.1. 濾材の種類 >>