初めての水草アクアリウム

外掛け式フィルター

外掛け式フィルターは、水槽の淵に引っ掛けて設置します。 濾過槽やモーターの部分は水槽の外側に位置する形になり、水槽の内側に来るのは採水用のパイプと出水口だけです。

メリットは、設置が簡単、水槽内のスペースを取らない、音が静かであるなどの点です。 デメリットは、出水口からの排水が真下に落ちるため、水槽内を循環する水流を作れないという点です。

出水口の下にローラーが配置されて、出水口からの排水が滝のように落ちるのを防止するようになっている製品もありますが、そういう製品にしても、排水の方向が横ではなく縦であるという点では変わりありません。

また、外掛け式フィルターは、その構造上、取水パイプと排水口がどうしても近くなってしまうため、水槽内の特定のエリアの水ばかりがフィルターで処理されることになりがちです。 他のエリアの水にしても、まったくフィルター内に取り込まれないわけではありませんが、処理される水に偏りが出る感は否めません。

とは言え、外掛け式フィルターは上述のようにメリットも多く、外見的にも流れる水が楽しいので、初めての水槽に用いるフィルターとして悪くない選択です。

購入時に付属している濾材はたいてい、使用期間に限界のある吸着型の化学濾材(活性炭など)なので、後に好みの濾材に変更しても良いでしょう。

<< 2.4.2.4. 底面フィルター 2.4.2.6. 上部式フィルター >>