初めての水草アクアリウム

水槽の厄介者ヒドラは不老不死

ヒドラとは、体高が1cm程度の淡水産のイソギンチャクのことで、水槽内のミジンコなどをエサにしています。 水槽内に大発生して美観を損ねる、稚魚や稚エビを食べるなどの害をなします。

ヒドラは海水産のイソギンチャクと同じように、ゆっくりとですが移動しますし、触手には毒があります。 そして、再生能力を持っているため、体を切断されても、それぞれの破片から完全なヒドラが再生します。

このように、ヒドラがしぶとい生命力を持つことは既に知られていますが、2013年12月に発表されたデンマークの研究によると、ヒドラには永遠の寿命があります。

ヒトやミジンコなどの生物は、生まれてから時間が経つほどに、老化して体が衰えて、やがて死んでしまうのが普通です。 つまり、誕生から時間が経つほどに死ぬ確率が増大してゆくわけです。

しかし、この研究で、哺乳類、植物、菌類、藻類など46種類の生物の老化について調べたところ、 陸ガメ(Gopherus agassizii)やマングローブの一種(Avicennia marina)など、誕生から時間が経つほどに死ぬ確率が減っていく生物が数種類存在したのです。

陸ガメにしてもマングローブにしても、子供や苗のときほど外敵や環境の変化に弱いけれども、成長に従って丈夫になってゆくので死ぬ確率が減ってゆきます。 ここまでは他の生物と同じです。 そして一人前に育った後に、他の生物と違って老化によって弱らないために死ぬ確率が増加しないということなのでしょう。

ヒドラ(Hydra magnipapillata)の場合は、生まれてから時間が経つほどに死ぬ確率が減るのではなく、生まれてから死ぬ確率がまったく変化しません。 つまり、稚ヒドラの時点ですでに一人前のヒドラと同じ強さを有しているということでしょうか。 そして、その後、老化の影響を受けない。

研究室で行われた実験によると、ヒドラは 1,400年後を経てもなお生きているものが5%(95%の死因は老衰ではなく事故死ということなのでしょう)であると推算されます。 これは、実質的に不老不死だということです。

寿命がほとんど存在しない(老衰で死なない)と考えられる他の生物としては、動物だけでも、シジュウカラやシロエリヒタキ(Ficedula albicollis)などの小鳥、ヤドカリ、アワビの一種(red abalone)、トカゲ(Lacerta vivapara)、アカアシガエル(Rana aurora)などが存在します。



ソース:
  • http://www.eurekalert.org/pub_releases/2013-12/uosd-sdi120613.php
<ニュース一覧に戻る>