初めての水草アクアリウム

照明

水草を育成するための照明器具

水草用の照明としては、家庭用の蛍光灯を用います。 性能だけを見れば、水銀灯やハロゲン灯のほうが優れているのですが、製品の価格が高いうえに電気代もかかるため、水草水槽を初めてやろうという人は特に、普通の蛍光灯で十分です。

蛍光灯の光は太陽光と成分が異なりますが、それでも水草は蛍光灯の光で光合成をさせることができますし、光合成による気泡も見ることができます。

蛍光灯の色は昼光色、昼白色、電球色の三種類に大別できます。 好みもあるでしょうが、電球色は避けるのが無難でしょう。

赤色と青色の波長の光を出す水草育成用ランプというのもありますが、同じワット数でも光量が少ないうえに、 赤色の波長の光は水(H2O)に吸収されやすく、青色の波長の光は水中に溶け込んでいる有機化合物(dissolved organic compound)に吸収されやすいため、期待するほどの効果は得られないと考えられます。 さらに、水草育成用ランプは光の不自然が変なので鑑賞には適しません。

最近はLEDランプも普及してきているので、積極的に使用すると良いでしょう。 LED ランプは蛍光灯よりも少し値段が高いのですが、電気を光に変換する効率が良いため、同じ光量の蛍光灯よりも電気代が安く、発熱(夏季にはただでさえ水温が高くなるので照明器具から発せられる熱も厭わしい)も少なくて済みます。

アクアリウム用ではない照明器具をアクアリウム用に使えるか?

アクアリウム専用ではないデスク・スタンドなどの照明器具でも設置条件(例えば、水槽を設置する台がアームライトを固定できるような形状になっているかどうか)さえ合えば、アクアリウム用として使うことができます。

PGII などのような植物育成専用のランプもありますが、アクアリウム専用の照明器具に用いられる蛍光灯や LED ライトは基本的には一般向けのものと同じです。

アクアリウムに用いる蛍光灯(あるいはLEDランプ)は、電球型のものを選択することになるでしょう。 デスク・スタンドに使われている蛍光灯(あるいはLEDランプ)が、電球型のものが主流だからです。

電球が切れたときには、スーパーなどで売っている普通の電球を買ってきて交換します。 電球型の蛍光灯が使える照明器具であれば、電球型の LED ランプを使うことが出来ます。

アクアリウム専用の蛍光灯を買うべきか?

水銀灯やハロゲン灯であればともかく蛍光灯であれば、アクアリウム専用の製品も最近ではわりと安価になっていますが、普通家電のデスク・スタンドなどの中にはもっと安価なものがあるので、そういうものを利用するとお得です。

蛍光灯と LED ライトに話を限定した場合、アクアリウム専用の照明器具を使うメリットとして考えられるのは、@水槽に取り付けることを前提として作られているので水槽に取り付けやすい、A水槽のサイズにぴったり合うものがある、Bそれなりの防水処理がなされているなどですが、これらのメリットはいずれも確固たるメリットではないと思います。

これに対して、アクアリウム専用の照明器具のデメリットは以下に挙げるように相当なものです。 したがって、蛍光灯や LED ライトの場合にはアクアリウム専用の照明器具ではなく普通家電の照明器具を使うのが良いでしょう。

アクアリウム専用の照明器具のデメリット

  1. 光量不足
    (ハロゲン灯や水銀灯を除いて)アクアリウム専用の照明器具は全般的に、光合成の気泡を見るにはパワー不足です。 例えば30cmの水槽に30cm水槽用の照明器具1つでは、水草に光合成の気泡を出させるのに必要な光量を得られません。

    デスクスタンド(下の画像左)でLEDランプを使用した場合の消費電力が5〜6w程度であるのに対して、アクアリウム専用の LEDランプ(下の画像右)は3.8w(蛍光灯のワット数にして8w程度でしょうか)でしかありません。

    30cmキューブ水槽の場合、上記の一般向けデスクスタンドであれば3つで済みますが、アクアリウム専用の照明であれば4つでも足りないかもしれません。

  2. スペース不足
    アクアリウム専用の照明器具では光量が不足するために、いくつもの照明器具を設置する必要がありますが、アクアリウム専用の照明器具は光量が少ないくせに、1つの照明器具で水槽全面を照らそうとするため、占有するスペースがデスク・スタンドよりも大きくなる傾向にあります。

    したがって、照明器具が3つも4つも必要なのに、スペースの都合で2つしか設置できないという事態も考えられます。

  3. ランプだけを交換できない、できても高額
    アクアリウム専用の照明器具のうち LEDランプを用いたものは、ランプの寿命が尽きたときにも、ランプの交換ができないため、本体ごと買い換えることになります。 ランプだけを交換できる製品であっても、大概はその製品に専用のランプしか使えないようになっているでしょうから、同じ性能でも汎用タイプのランプよりも確実に値段が高くなります。

水草を育てるのに必要な光量

水草を必要な光量は、CO2の量や、育てる水草の種類によって変わってきます。

普通に熱帯魚を買う場合には、60cm水槽で20wの蛍光管を1〜2本を使います(1リットル当たり0.3〜0.7w)。 1リットル当たり0.7wもあれば育つ水草は多いですが、ロタラ・ワリッキーやグロッソ・スティグマ、ディディプリスなどのような光の要求量が最高水準にある水草を育てたり、光合成の気泡を見る場合には到底足りません。

水草の種類を問わずに健全に育てるには、蛍光管の新しさ(蛍光管は光量が半年で半減するそうです)にもよりますが、1リットル当たり1.5w程度は必要ではないでしょうか。

蛍光灯を使用して光合成の気泡を見るのに必要なワット数

昔、60cm水槽で20wの蛍光管4本で水草を育成していたときにも、光合成の気泡は葉の裏にちょろっと付く程度で、光合成の気泡をまともに見れたのが水換えをした後だけだった記憶があります。 つまり、57リットルの60cm水槽で80w(1リットルあたり1.4w程度)では、光合成の気泡を見るのに十分では無いわけです。

わたしが現在維持している30cmキューブ水槽では、20リットル足らずの水量に対して、12w蛍光管を2つと、12w蛍光管相当のLEDライトを1つを使用することで、安定的に光合成の気泡を見ることが出来ています。

つまり、LEDライトが蛍光管と同じ光量だとすればですが、12w×3=36wの光量に対して20リットルの水量、すなわち1リットル当たり1.8w程度であれば、水草が光合成の気泡を出してくれるということになりますね。

しかしこの1.8wという数字は、水槽に蓋をせず、水位が20cm程度の場合なので、場合によってはもっと多量の光(1リットル当たり2wくらい)は必要だと考えられます。

必要ワット数を計算するうえでの注意点

上記の説明はすべて、蛍光灯のワット数に基づくものです。 なので、電球タイプの蛍光灯を使用する場合や、電球タイプの蛍光灯を使用できる照明器具で使用できるLEDランプを使用する場合には注意が必要です。

例えば、「消費電力が13ワットの60ワット型の電球タイプの蛍光灯」の場合、上記の「1リットル当たり1.8〜2ワット」という計算では、60ワットではなく13ワットの方を用います。

電球型蛍光灯の「60ワット型」という表示は、白熱電球の時代に60ワットを消費して出していた光量を、変換効率の良い電球型蛍光灯では13ワットで出せるようになったということです。 上記の必要ワット数の説明は、そもそも蛍光灯のワット数に基づいているので、60ワットではなく蛍光灯の消費電力である13ワットの方を用いて計算します。

また、さらに変換効率の良いLEDランプでは、13ワットの電球型蛍光灯で使用できるLEDランプの消費電力は、電球型蛍光灯の約半分になっています。 繰り返しになりますが、上記の計算は蛍光灯のワット数に基づいているので、LEDランプを使用する場合にも、それと同じサイズの電球型蛍光灯を使った場合のワット数を用いてください。

24時間タイマーが便利

照明時間の管理には24時間タイマーがとっても便利です。 24時間タイマーというのは、1日のうちの特定の時間帯の間だけ電化製品に通電させてくれる機器です。

24時間タイマーを、例えば朝の10時から夜の6時にオンになるように一度セットしておくと、朝の10時に点灯して夜の6時に消灯するという動作を自動的に毎日繰り返してくれます。 24時間タイマーが無い場合には、毎朝点灯して、毎晩消灯するというのを自分で必ず行わなくてはなりません。

アクアリウムというのは、気分が盛り上がる時期とやる気を失う時期という波が必ずあります。 水槽をセットした直後など、気分が盛り上がっているときは、所定の時間に点灯・消灯するという作業もあまり苦にはなりませんが、そうでないときには嫌になってきます。 場合によっては、点灯や消灯が数時間も遅れることもあります。

コケの掃除や水替えと違って、点灯・消灯は定期的に遅れることなく確実に行う必要があります。そのためには24時間タイマーが実に便利です。

複数の照明器具を使用している場合、24時間タイマーを複数使ってもよいのですが、分岐電源タップを24時間タイマーのコンセントに差し込むようにして使うことで、タイマー1つで済ませることが出来ます。 大型水槽でしばしば行われるように、照明器具ごとに点灯時間をずらしたい(日の出から日没までの自然な日差しの角度を再現するため)場合はタイマーが複数必要になりますが、小型水槽ではそのようにする意味は薄いでしょう。

<< 2.2. 底砂 2.4. フィルター >>