初めての水草アクアリウム

水草

小型水槽には向かない水草

例えば、株のサイズが50cmほどにもなる大型のエキノドルスなどは小型の水槽で育てるには現実的ではありません。

それ以外であれば、低コストの小型水草水槽であっても、二酸化炭素を添加して、底砂として「赤玉土」や「荒木田土」を用いるのであれば、育てられる水草に関して制限はありません。

小型水槽に向いている水草

逆に小型水槽に向いているのは、前景用として販売されている水草や、有茎草であれば葉が小さいものです。

前景用の水草というのは、水槽の前面に植えられる背丈の低い草のことで、ヘアーグラスや、エキノドルス・テネルス(ピグミー・チェーン・アマゾンソード)、クリプトコリネ・パルバグロッソスティグマなどです。

有茎草というのは、植物体がタンポポのような株状(「ロゼット型」と呼ばれ、上述のエキノドルス・テネルスなどがこれに当たります)になるのではなくて、セイタカアワダチソウ(嫌な例えですが)のように茎が上に高く伸びるタイプの水草を指します。 金魚の水槽によく入っているクロモやアナカリスが有茎草に当たります。 他の有茎草には、ロタラ・ナンセアンロタラ・ワリッキーニードルリーフ・ルドウィジアディディプリスナヤスマヤカパールグラスなどがあります(ほかにも一杯あります)。

水草の植え方については、5. 水槽のセッティングをご覧ください。

<< 2.7.2. 肥料の種類と使い方 3.2. 魚、エビ、貝 >>