初めての水草アクアリウム

上部式フィルター

長方形の濾過槽を水槽の上に置くタイプのフィルターです。 水槽の上に置かれた濾過槽の一方の端から、水槽内にパイプが降りていて、そのパイプからモーターで水を濾過槽に汲み上げます。 濾過槽で処理された水は、もう一方の端に付いている排水パイプから水槽に戻ります。

上部フィルターは水草水槽に適していません。 まず、水槽上部の半分ほどのスペースが濾過槽に占領されるので、水草に必要な照明用のスペースが足りなくなります。 特に、上部式フィルターの濾過槽の下に植えた水草に十分な光を当てるのが困難です。

また、排水パイプからの排水に空気が巻き込まれるのも問題です。 エアレーションが必要な魚メインの水槽であれば、これは問題ではなくむしろ利点なのですが、上部式フィルターの排水によるエアレーション効果は、水草水槽にとってはどう考えても過剰です。

さらに、小型の水草水槽の場合には、サイズの問題もあります。 上部式フィルターのほとんどは、60cm以上のサイズを対象にしています。 濾過槽を置く板をスライドさせることによって45cm以下の様々なサイズに対応できるようにしてある製品もあります(もう無いかも)が、あまり使い勝手が良くなかった気がします。

<< 2.4.2.5. 外掛け式フィルター 2.4.3. フィルターは不要? >>